FC2ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年02月16日 (金) | 編集 |
洗濯機が壊れました。

壊れてから修理に来てもらえるまでの3日間、
山のように溜まった洗濯物を放置しておくことができず
今回、自力で洗濯をしました。
その過程で気づいたことが2つあります。

まず、洗剤について。
洗濯の途中で洗濯機が止まってしまったので
「すすぎ」の段階から始めたのですが
なかなか水が澄んでこないんですよね。
全自動洗濯機にすべてお任せで洗濯しているときは
すすぎの水が見えるわけではないので
(ドラム式なので途中で中を見ることができないのです)
ほとんど気にすることはありませんでしたが
これは怖いことだと再認識しました。

我が家では台所洗剤もシャンプーも石鹸を使っています。
しかし、洗濯用洗剤については
どうしても石鹸を使いこなすことができず
後ろめたさを感じながらも未だに合成洗剤を使用しています。
その合成洗剤が、何度すすいでもきれいにならない
という実態を目の当たりにして
やはりとても恐ろしいことだと実感したのです。

自分が直接関わらないことや意識を払わないことに対しては
危険予知の感覚が働きにくくなるのは
すべてに通じることですから
機械任せにせず、常に自分の意識を働かせるように注意したいものですね。

そしてもう1つは、
便利さに慣れすぎると節約の意識を忘れるということ。

洗濯物を絞っていたら
なんと、両手の親指と人差し指の間の皮が
ベロンと剥けてしまいました。
お湯で洗濯していたので手がふやけた状態で
2日分という量を、力を込めて絞ったからと考えられるのですが
自分がこんなに軟(やわ)だったのかと
ちょっとショックでした。

昔の人は冷たい水で洗っていたのでしょうから
皮が剥けるというよりも
あかぎれやしもやけに悩まされていたのでしょうけれど
そういう身体的な辛さを軽減するためにも
洗濯物を増やさないように配慮をしながら生活していたのだろうと思います。
もちろん、洗濯機を使っている現在の私達も
日々、節約を心がけ、洗濯物も少なくするように心掛けてはいますが
自分で洗濯しなければならないという状況を想定すれば
もっと洗濯物を少なくする努力ができるのだろうと痛切に感じました。

実は私にとって、なくてはならない家電はパソコンと洗濯機です。
ですから最初に修理の依頼電話をかけて
10日ほどかかると言われたときには
「修理を待つよりも、買い換えようか」という考えが、
不謹慎にも頭を過ぎりました。
しかし、すぐに出張修理に来てもらえることになり、
その悪しき思いつきはすぐに捨てましたが
いかに自分が機械に頼りすぎていたかを省みることができたように思います。

便利なものを利用するのは悪いことではありませんが
便利さになれてしまうと、
それがなくても済ませることができていた頃の力が
だんだん弱くなってしまうのは憂慮すべきことだと言えますね。


テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
不謹慎な考え
私も反省するところはいっぱいありますね。
岩下先生のブログで思い出しましたが、
昔は、靴下に穴が開いたりすると、母がつくろって
くれていましたが、今では、消耗品、安いのだからといって
つくろえば、あと3、4ヶ月は使えるのですが
ついつい捨てていました。豊かになると、ひとつひとつの
モノの価値が下がってきてしうのでしょうか?
なかなか、大切に使おうという気が起こりませんね。
反省しなければないりません。
2007/03/01(Thu) 12:20 | URL  | 鎌倉のパパ #-[ 編集]
簡単に手に入ることが問題
鎌倉のパパさま、ご無沙汰しております。
お返事が遅くなり申し訳ございません。

岩下式お小遣いを導入するようになった当初、
それまで靴下に穴があくと
「新しいの買って」と言っていた息子は
「穴があいたから、(縫って)直して」と
言うようになったものです。
すぐに買いなおさずに長く持たせられれば
その分、お金を別のものに使えるからです。
親になんでも買ってもらっていては
なかなかこういう発想には結びつきにくいですよね。
もっとも、最近は穴があいたまま履いているようですが
時と場所をわきまえれば、
別に普段学校で遊んでいる時には
穴あきソックスでも問題ないと私は思っています。

話は変わりますが、
私の母方の祖母はもう十余年前に亡くなりましたが
和裁士をしていました。
その祖母は自分の普段着の着物でお尻の部分などが薄くなってくると
洗い張りをして
身頃の隠れる部分と入れ替えて仕立て直していたものです。
また、着物を解く時に抜いた糸も
きちんと取っておいて再利用が出来るという話をきいたことがあります。
簡単にモノが手に入らない時代に生きていた人は
どんなものでも大切にしていたのですね。
今は、直すよりも買うほうが安くつくという
おかしな社会構造になってしまったのが問題の根源と言えます。
もっとも、安さばかりを追求する
私たち消費者自身にも大きな責任があることは言うまでもありません。
目先の損得だけで動いていると
結局は、回りまわって自分たちの首を絞めることになると
世の中全体が早く気づくべきだと思います。







2007/03/07(Wed) 18:11 | URL  | 岩下桂子 #A1MTkRFE[ 編集]
コインランドリ-
わたしの家でも洗濯機が壊れたことがあります。
でも、学生の下宿が多い町だったもので
スグにコインランドリ-に洗濯をしに行きました。

そこで、乾燥機なるものの存在も知りました。
なんて便利なものだろうと感動しました。

今では、乾燥機も個人で購入可能な価格になったので
我家はスグに購入してしまい。最近では外に干す事は
まれになってしまいました。そのうち、籠に入れて物干し竿に
干すのがおっくうになってしまのかな?

やはり便利になるのは怖いものですね。

2007/03/12(Mon) 22:58 | URL  | さちママ #-[ 編集]
私は乾燥機を使いこなせません(泣)
我が家で現在使っている(この前壊れかけた件の)洗濯機は
全自動の洗濯乾燥機です。

昨年、結婚当初から使っていた前洗濯機が壊れた時に、
家族の人数が多く容量が足りなかったので
清水の舞台から飛び降りる気持ちで奮発して購入したのですが
はっきり言って、使いづらいです。

1.スタートすると途中で追加投入出来ない!
2.節水型だが、従来のタイプより時間がかかりすぎる
3.乾燥機を使うと電気をべらぼうに食う!
(うっかりドライヤーやオーブンを使おうものならブレーカーが落ちる)
4.洗濯物がかなりシワになる
等々、不満を述べたらキリがありません(泣)。

上手に使えば、便利なのでしょうけれど
年を取ってきたせいか
多機能を使いこなせず悲しい限りです。

洗濯機に限らず、携帯電話も同様なんですが
Simple is the best!
だと思います。




2007/03/19(Mon) 23:56 | URL  | 岩下桂子 #A1MTkRFE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。